メインコンテンツへスキップ

ファームウェアのアップデート

TORAIZ SP-16 Firmware

詳細

ファームウェアとは、PRODUCTION INSTRUMENTS内部のシステムソフトウェアです。
バージョンの確認方法及びアップデートの手順については、ファームウェア アップデート手順書をごらんください。

機能の詳細説明については取扱説明書 Version.1.6 追補をご確認下さい。

Ver.1.60 変更内容
[新規]
  • サンプルトラックとスルートラックにおいて、FX1モジュールに加えてFX2モジュールを使用できるようになりました。
  • USB-B端子に入力されたMIDIメッセージをMIDI OUT/THRU端子から出力できるようになりました。
  • MIDI IN端子に入力されたMIDIメッセージをUSB-B端子から出力できるようになりました。

[改善]

  • MIDI INチャンネル設定において、あるトラックに設定したMIDI CHを他のトラックにも設定できるようになりました。
  • MIDIによる同期や演奏の設定項目を改善しました。
  • ソフトウェアキーボードでアンダースコアを入力できるようになりました。

ファイル名:TORAIZSP16_ver160.zip
ファイルサイズ:94.9 MB (99,526,435 bytes)

以下の1つのファイルが解凍されます。
   TORAIZSP16.UPD (99,495,956 bytes)

Open source notice (GPL) :
このソフトウェアは、GNU General Public License 2またはGNU Lesser General Public License 2.1でライセンスされたオープンソースソフトウェアを含んでいます。GNU GPLとLGPLの詳細については、GNUウェブサイトをご覧ください。GPL/LGPL適用ソフトウェアのソースコードはこちら(英文)で公開しています。
This software includes open source software codes licensed under GNU General Public License 2and / orGNU Lesser General Public License 2.1. Details of the GNU GPL and LGPL can be found at the GNU website. The machine-readable copy of the corresponding source code is available here.

この記事は役に立ちましたか?